4月16日 熊本・大分地震

熊本、九州地方の皆様。
この度は、心からお見舞い申し上げます。

じつは、私も地震当日は大分県別府市にある実家に滞在していました。

15歳まで生まれ育ったこの町に、親父の7回忌法要のために帰省中でした。


昔の話で盛り上がりながら、地元別府湾で取れた新鮮魚介に舌鼓。

「いい供養ができたなぁ〜」と、この日は温泉に浸かり、ゆっくり移動の疲れを癒し、12時過ぎに就寝。


4月16日 午前1時25分


突然、携帯電話の緊急地震速報が鳴り響き、「ドンッ!」という地響きとともに、30秒程の強い揺れ…。


震度6弱でした(汗)


5年前の「東日本大震災」を東京で経験した震度5強を超える激しい揺れ…。


正直「もうダメかなぁ〜」と思いました。

それからも休む事なく続く余震と、携帯電話の緊急地震速報!
結局、一睡も出来ませんでした。

翌日17日には仕事のため大阪に戻らなければいけなく、後ろ髪を引かれる思いでこの日移動。


高速道路が通行止めで、下道にて福岡まで移動。

通常なら、高速を使えば2時間30分ぐらいで到着できる福岡に、落石などによる迂回や渋滞などが重なり、6時間もかかってようやく福岡に到着。

心配していた飛行機は、通常通りフライトしてました。

なんとか無事に大阪に帰ってくる事が出来ました。

がッ!!


今度は、大阪の高速道路が大渋滞(T ^ T)
なんて、ツイてる日なんだ!

出発から15時間かけて、ようやくに自宅に。

すると、それまで気を張っていたのがプツン!と切れたように、一気に疲れが押し寄せました。


それにしても、大分でこれだけ揺れたのだから、熊本は比べものにならないくらい酷かったんだと思います。


普段は便利な携帯電話も、流石にこの日は、鳴り響く緊急地震速報の音に、かなりストレスを感じました。(心臓が止まりそう…)

まだ予断を許せない状況ですが、皆さんのご無事をお祈りします。

いい顔、いい骨、いい人で。

大阪・梅田の「こまちレディース整体」では、カイロプラクティックで根本的改善を目指し、身体の不調の原因をしっかり解説しながらマンツーマンで一人ひとりに合った施術をしています。O脚や体の歪みでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。きっと最善の解決方法が見つかるはずです。

0コメント

  • 1000 / 1000