反り腰になる原因

こんにちわ。

モテ顔整骨師@アッキーです。


ぽっこりお腹になると、お腹がひときわ飛び出た状態になるため、ウエストラインが崩れてもう最悪ですよね。


そんなぽっこりお腹になる原因というと、食生活の乱れからお腹に脂肪がたまりやすくなっていたり、お腹まわりの筋肉が弱まっていることが挙げられますが、まだまだいろんな原因があるんですよ。


例えば、その原因の中に「反り腰」というものがあります。

反り腰とは、その名のとおり腰が反っている状態のことをいうのですが、じつは反り腰は女性に多いんです。なので、ぽっこりお腹を解消しようと食生活を見直したり、腹筋を鍛えようとしても効果が見られない場合は、もしかしたら反り腰が原因なのかもしれないんですよ。


でも、どうして反り腰になってしまうんでしょうか?


しかも反り腰が女性に多いのも気になりますよね。ということで、反り腰になる原因についてご紹介します。


イスに座っていることが多い

デスクワークなどでイスに座っていることが多いと、反り腰になりやすいんだそうです。

私たちの体には、背骨と骨盤、そして股関節をつなぐ「腸腰筋」と呼ばれる筋肉があります。普段から立っている時間と座っている時間がバランスがとれていると良いのですが、座っている時間が長いと腸腰筋が弱り、収縮してしまうんですね。

この腸腰筋の収縮が強くなると、腰骨の反りが大きくなるんだとか。つまり、イスに座る時間が多ければ多いほど、反り腰になる恐れが高くなるんですね。

もし、あなたがぽっこりお腹に悩んでいて、1日の生活でイスに座っている時間が多いなら、反り腰を疑ってみてはいかがでしょうか。


足をあまり上げずに歩く

先ほど「普段から立っている時間と座っている時間がバランスがとれていると良い」とご紹介しましたが、立っていても歩き方に問題があると、反り腰になる可能性が高まります。

その問題の歩きか方とは、「足をあまり上げずに歩く」こと。じつは、足をあまり上げずに歩くと、先ほど登場した腸腰筋を使わなくなってしまうんです。つまり腸腰筋を使わなくなれば、腸腰筋が収縮して腰骨の反りが大きくなり、反り腰になってしまいます。

逆に、足を高く上げれば上げるほど腸腰筋を使うようになり、反り腰になる可能性が低くなるということで、歩き方一つで反り腰からぽっこりお腹になってしまうんですね。


女性が反り腰になりやすいハイヒールのせい?

先ほど書いたように女性は反り腰になりやすいわけですが、女性が反り腰になりやすい原因も歩き方に問題があるから。とくに、ハイヒールを履いた時の歩き方が、反り腰を招いてしまうんです。

というのも、よく街中でハイヒールを履いている女性の歩き方を見ると、膝を曲げたままつま先に体重をかけて、チョコチョコと歩幅を狭くして歩いている方を多く見かけます。じつはこのような歩き方も、腸腰筋を使わない歩き方。

なので、ハイヒールを履く機会が多い女性は、反り腰になりやすいんです。

ちなみに、ヒールの高さが高ければ高いほど、反り腰になる可能性が高くなるんだとか。ただ、オシャレのためにはハイヒールは欠かせないので、反り腰にならないためのケアが大切なんですよ。


美容整骨矯正の施術効果(1回)

いい顔、いい骨、いい人で。

大阪・梅田の「こまちレディース整体」では、カイロプラクティックで根本的改善を目指し、身体の不調の原因をしっかり解説しながらマンツーマンで一人ひとりに合った施術をしています。O脚や体の歪みでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。きっと最善の解決方法が見つかるはずです。

0コメント

  • 1000 / 1000