モテ顔整骨師@あっきー

豊富な経験と実績で、貴女を『美脚・小尻・小顔・美スタイル』へと導きます♪

記事一覧(31)

見た目だけじゃない!O脚がもたらすデメリット

脚の形をそれほど気にしていないのなら、O脚になってしまってもそれほど気にならないかもしれません。しかし脚の形を気にする女性にとってO脚は何とか改善したいと思いますよね。O脚によってもたらされるデメリットは見た目の問題だけではなかったのです。これを知れば見た目を気にしない方でもO脚を治そうと思うようになるはずです。----------------------------------------------------下半身デブになりやすい----------------------------------------------------上半身(特に胸)がふくよかでウエストがキュッと引き締まっていて、足はほっそりとしているというのが女性の憧れスタイルですよね。ところがO脚だと下半身デブになりやすいのです。O脚は骨盤がずれることでなってしまう脚の形です。骨盤がずれていると代謝が鈍くなってしまうため、体全体の代謝が鈍ります。特に冷えやすい下半身は上半身よりも代謝が鈍りやすく脂肪がつきやすいのです。----------------------------------------------------くびれがなくなる----------------------------------------------------O脚がもたらすデメリットは下半身に限りません。上半身のスタイルにも悪影響が出てきます。女性の憧れ、キュッと引き締まったウエストも手に入らなくなります。O脚になると骨盤が広がるからです。骨盤が広がることでウエストも広がりますし、さらに骨盤のゆがみによって代謝も悪くなるのでお腹周りに余分な肉がつきやすくなってしまうのです。----------------------------------------------------外反母趾とO脚の関係----------------------------------------------------外反母趾の原因は先の細い靴やヒール、サイズの合わない靴を履くことが原因と考えられていますが、O脚の方で外反母趾に悩む方はとても多いのです。O脚は骨盤やひざの骨がずれているのですが、それが歩き方や足裏のバランスを崩してしまうため外反母趾のような足のトラブルを引き起こすのです。----------------------------------------------------腰痛、膝痛の原因に----------------------------------------------------O脚になると脚の一部分にだけ余計な力が入ります。その結果一部の筋肉が緊張してしまって体に不調や凝りが出てくるようになります。症状がすすむと腰痛膝痛もO脚が原因で起こることがあるのです。

生活習慣とゆがみ

こんにちわ。モテ顔整骨師@アッキーです。なぜ"体のゆがみ"はできるのでしょうか?原因はいろいろ考えられますが、大きな原因は"悪い生活習慣"と"悪い姿勢"です。「生活習慣なんて、ちょっとしたことじゃん。身体に負担なんてないよ」こう思われる方もいらっしゃるでしょう。あなたの部屋には、小銭貯金箱がありますか?10円とか、100円とか、端数の小銭を入れておく貯金箱です。貯金を始めてひと月ぐらいでは貯まっていて2000~3000円ぐらいですね。でもこれが5年、10年たてばどうでしょうか?小銭もたまりにたまり、10万円ぐらいになってるはずです。生活習慣と体のゆがみの関係は、まさにこの小銭と貯金箱の関係と同様です。生活習慣の身体への負荷は本当にわずかです。でも、このわずかな負荷が毎日、何ヶ月、何年も続くと小銭貯金箱と同様、大きな身体への負荷となるのです。では、どういった生活習慣が「背骨のゆがみ」を形成するのでしょうか?話はちょっと飛んで生物の「形」について考えてみます。多くの生物は形として左右対称です。目も、手も、足も、左右一つずつ対象にありますね。形が左右対称なので、その「動き」も基本的に左右対称です。例えば「歩く」という行為では、左右の対象的な動きの繰り返しで行われます。これは殆どの高等生物で同様です。「形」が左右対称の生物は「動き」も左右対称なのが、よりバランスがとれた状態なのでしょう。「形」が左右対称の生物は「動き」も左右対称であると述べましたが、例外の動きをする生物もいます。その例外がもっとも多いのが人間です。人間は他の生物と違ったより高度な動きをします。その高度な動きのほとんどは「左右非対称」です。例えば物を投げるとき、荷物を持つときなど、左右どちらか一方に負担がかかった状態です。特に現代生活では生活様式の多様化のため、より非対称な動きが多くなりました。